コーヒーのカフェインによる血流改善と便秘解消の関係性

コーヒーには血流をよくする効果があると言われています。ただしここで注意したいのが、「適量」であるという点です。

適量って具体的にどのくらい?と疑問に思う方にお伝えしたいのは、通常のコーヒーカップ程度の大きさで3杯程が理想です。どんなに多くても4杯までと考えてください。それ以上になると効果がないばかりか、逆にカフェインの摂りすぎとなってしまい、かえって副作用が心配になります。

これは実際にテレビで、医師が専門家の立場から、検証した結果をもとにした意見なので、信憑性の高い情報といえるでしょう。

コーヒーのカフェインによる血流改善

coffee

この血流改善が大きなポイントとなるのですが、この効果により胃腸の働きを活性化させる事が出来ます。つまりこの作用により腸内環境が整えられ、便秘解消にメリットとなるわけです。

中にはこれはカフェインの作用からくるものだと判断される場合もありますが、医師の意見としては、この適量範囲であればその影響は問題ないと言われています。

コーヒーのリラックス効果

コーヒーの香りを思い出してみてください。ひきたて・入れたてのコーヒーから香る、あの何とも言えないほっとした感覚、あれこそがコーヒーの大きな効果なのです。

コーヒーの香りの成分の中には、「ピラジン」という物質が入っています。これがあのこうばしい香りのもととなりますが、これには一定の「リラックス効果」があると言われています。

この効果は副交感神経に作用する為、自律神経を調節し気持ちを穏やかにしてくれます。この働きが実は庁にも影響してくるというから驚きです。

よく神経質な人が、その意識の働きにより腸が過敏となってしまう事がありますが、それと同様であると考えられます。その神経系に働きかけてくれるのがコーヒーの香り効果というわけです。

またコーヒーの香りには消臭効果も期待出来ます。キッチンの独特の臭いが気になる場合には、コーヒーを入れた後の残りかすを置いておくだけで、いやな香りを消す事が出来ると言われています。

是非お試ししてみてはいかがでしょうか?

コーヒーの飲み方のおすすめ

コーヒーも適量であれば、いい作用がある事はお分かりいただけた事と思いますが、ただし飲み方にも注意が必要です。いくらコーヒーがいいからと言っても、ミルクをたっぷり・お砂糖たっぷりといった飲み方では、脂肪分や糖分の摂りすぎ等心配な点がいくつもあります。

おすすめはブラックで飲む事です。この飲み方であれば適量で身体に良い作用をもたらしてくれるのです。

何でも摂りすぎはよくないといいます。適切な量を守って便秘解消に役立てましょう。